HP Pavilion Note PC dv7 夏モデル レビュー記事

HP Pavilion Note PC dv7/CT 夏モデル レビュー 速報編

HP Pavilion Note PC dv7 夏モデル レビュー 本体チェック編1

今回ご紹介するHP Pavilion Note PC dv7/CT(以下、dv7)は、売れ筋の15.6インチよりも一回り大きな17.3インチワイド液晶を搭載する大画面ノートです。高性能なインテルCore i7プロセッサや高性能グラフィック機能など、下位機種ではカスタマイズできないパーツを搭載します。

17.3インチ液晶を搭載するdv7
17.3インチ液晶を搭載するdv7。低価格なノートパソコンとは違った高級かつスタイリッシュなデザインが印象的です。とにかく画面が大きく、数字入力に便利なフルサイズのテンキーも採用されています。ボディの質感も高いです。

表示解像度1600×900の17.3インチ液晶を採用
表示解像度1600×900の17.3インチ液晶を採用。フルHDではありませんが、文字も比較的大きいです。一般用途であれば十分でしょう。

本体ボディを詳細チェック!

dv7の本体ボディ外観を詳しくご紹介します。

右側面

dv7の右側面
dv7の右側面。前面側に傾斜したデザインを採用しているため、"大画面17インチ液晶搭載ノート"というほど大きな印象はありません。

前面側を拡大
前面側を拡大。左から、電源ライト、ハードディスクアクセスライト、USB20.×2ヶ。

背面側を拡大
背面側を拡大。左から、ブルーレイドライブ、電源コネクタ、セキュリティスロットです。

左側面

dv7は左側面に接続端子が集中してます
dv7は左側面に接続端子が集中してます。

接続端子部を拡大
接続端子部を拡大。左から、D-sub15ピン、LAN、HDMI、eSATA、USB2.0です。

前面

dv7の前面
dv7の前面。液晶サイズが大きいので、見た目はかなり薄く感じます。

左側を拡大
左側を拡大

右側を拡大
右側を拡大

背面

dv7の背面
dv7の背面。大きなヒンジがあるだけで、接続端子は非搭載です。

天板

dv7の天板
dv7の天板。メタル感が強く、かなりの高級感が味わえます。少々重いですが、自宅で使う場合がほとんどでしょうから、問題はないと思われます。

天板を拡大
天板を拡大。左下にはhpロゴがあります。

天板模様を拡大
天板模様を拡大。細かい溝が無数に刻まれており、コストがかかってます。滑り止めも兼用しているのかもしれません。

hpロゴを拡大
hpロゴを拡大。ミラー調のような質感になっており、hpロゴが浮き出ているような雰囲気が味わえます。

hpロゴは起動時に白く点灯します
hpロゴは起動時に白く点灯します。上位機種としての付加価値です。

天板上部を拡大
天板上部を拡大。室内の蛍光灯の光を跳ね返すほどの金属感は、スタンダードノートの領域を超えています。

液晶モニタフレーム

モニタ上部にはWebカメラを内蔵
モニタ上部にはWebカメラを内蔵。最近のノートパソコンでは標準搭載となってますが、dv7にももちろんあります。カメラの右側にh小さく「HP Pavilion」と書かれているのがカワイイです。

モニタフレーム下部にPavilion dv7のロゴが入ってます
モニタフレーム下部にPavilion dv7のロゴが入ってます。

中央にはhpロゴ
中央にはhpロゴ

HP(ヒューレット・パッカード)公式サイトリンク