HP Pavilion Note PC dv7 夏モデル レビュー記事

HP Pavilion Note PC dv7/CT 夏モデル レビュー 速報編

HP Pavilion Note PC dv7 夏モデル レビュー ベンチマーク編

dv7は上位機種だけあって、最新の高性能パーツがカスタマイズ可能です。以下に、dv7の各種ベンチマークテストの結果をご紹介します。

今回紹介するdv7のカスタマイズ構成は、以下のとおりです。

OS
Windows7 Home Premium 64ビット版
CPU
インテル Core i7-QM840
メモリ
8GB
ハードディスク
SSD+HDD
ビデオコントローラ
ATI Mobility Radeon HD 5650
液晶モニタ
17.3インチワイド液晶(表示解像度1600×900)

今回ご紹介しているdv7のデバイスマネージャ
今回ご紹介しているdv7のデバイスマネージャ

CPU-ZでCore i7-QM840を見る
CPU-ZでCore i7-QM840を見る

動作周波数は、最高2.793MHzまでアップします。
動作周波数は、最高2.793MHzまでアップします。

GPU-ZでRadeon HD 5650を見る
GPU-ZでRadeon HD 5650を見る

ビスタエクスペリエンス値

dv7のエクスペリエンス インデックス値
dv7のエクスペリエンス インデックス値2
dv7のエクスペリエンス インデックス値

実アプリケーションを想定したベンチマークテスト

定番ベンチマークテスト「PCMark05」 定番ベンチマークテスト「PCMark05」詳細スコア
定番ベンチマークテスト「PCMark05」

PCMark05よりも重負荷作業を想定したベンチマークテスト「PCMarkVantage」
PCMark05よりも重負荷作業を想定したベンチマークテスト「PCMarkVantage」

ハードディスク性能を測定する定番ベンチマークテスト「CrystalDiskMark 3.0」
ハードディスク性能を測定する定番ベンチマークテスト「CrystalDiskMark 3.0」

マルチコアCPUにも対応しているハードディスク性能測定ベンチマーク「ATTO」
マルチコアCPUにも対応しているハードディスク性能測定ベンチマーク「ATTO」

シングルスレッド処理のベンチマークテスト「Superπ」
シングルスレッド処理のベンチマークテスト「Superπ」。419万桁の円周率を計算。

CINEBENCH R10 CINEBENCH R11
マルチスレッド対応ソフトを想定したCINEBENCH。左が旧バージョンのR10、右が新バージョンのR11。

3Dゲームを想定したベンチマークテスト

3Dゲームの定番ベンチマークテスト「3DMark06」 3Dゲームの定番ベンチマークテスト「3DMark06」詳細スコア
3Dゲームの定番ベンチマークテスト「3DMark06」。表示解像度は1280×1024時。

「ストリートファイターW」ベンチマークテスト
「ストリートファイターW」ベンチマークテスト2
人気ゲーム「ストリートファイターW」ベンチマークテスト。表示解像度は、上が1280×720、下が1600×900。


ファイナルファンタジー14のベンチマークテストは起動せず。

CPU使用率100%時のCPU温度
CPU使用率100%時のCPU温度。最高84度、最低55度でした。

HP(ヒューレット・パッカード)公式サイトリンク